風邪の女性

チェックをしっかり

増える傾向にあるうつ病患者

今や社会問題ともなっている「うつ病」ですが、企業や自治体ではうつ病に対して様々な対策を講じています。その一つとして、うつ病か否かのチェックをするというものがあります。これは、精神科などを受診することでチェックを受けることも出来ますし、企業内に産業医などがいる場合にはそこでチェックを受けることも出来ます。医師に相談し、チェックを受けたとしても、医師には守秘義務がありますから、その結果が第三者に知られるということは通常はありません。 第三者に知られるのを防ぎたいという場合には、自身でチェックすることが出来るインターネットサイトの利用がオススメです。いつでも無料で自身の都合に合わせて行うことが出来ます。

セルフチェックをしてみよう

うつ病と一口に言っても、その症状は一人ひとり異なります。不安があるという場合には、数分で終えることの出来るインターネットサイトを利用してみましょう。いくつかのサイトがありますので、複数のサイトを利用しても良いでしょう。サイトの探し方は、「うつ病 チェック」などと検索することで簡単に見つけることが出来ます。うつ傾向が高いと判断された場合はもちろんのこと、低いと判断された場合でも、気になることがあれば早めに専門医を受診するようにしましょう。早期発見早期治療は症状の緩和・治癒に最も大切なことです。 なお、うつ病は一度良くなっても何かのきっかけで再発することが多いため、再発を予防することも大切になります。