風邪の女性

治療をするために

もしかしてうつ状態かなと思ったら

やる気が起きない、朝起きることができない、理由もなく食欲がわかない、人に会うのが億劫になって家に閉じこもったままの状態になっている。そんな症状が、ここ二週間以上続いていたら「もしかして、うつ病かも」と疑ったほうが良いかもしれません。 うつ病は精神的・肉体的にストレスが過重にかかりすぎて、脳の機能障害が起きている状態です。「憂鬱な気分」や「気持ちが重い」といった抑うつ状態に陥ってしまう気分障害です。日本人が一生のうち、うつ病にかかる割合は1割程度と言われています。けして珍しい病気ではありません。 うつ病の治療は、早めに治療を開始するほど、回復する時間も早くなると言われています。 うつ病を疑ったら、まずは早めにセルフチェックをしてみましょう。

うつ病のセルフチェックは簡単・シンプル

セルフチェック方法はいたって簡単です。 まずは、インターネットで「うつ病」「チェック」「自己診断」などの項目で検索してみてください。セルスケアに特化したサイト、製薬会社、脳神経外科クリニックなどが検索結果に出てきます。これらのサイトでは「症状のセルフチェックシート」を提供していますので、アメリカ精神医学会が作成した診断マニュアル「DSM−IV」や、WHO(世界保健機構)の国際疾病分類「ICD−10」に準拠したものなど典拠が明らかなサイトで、チェックを実施すると良いでしょう。 チェックシートの使用方法は、該当する項目にチェックを入れていき、最後に診断ボタンを押すなどします。該当項目数から、うつ病の判断をするのです。チェック内容には、うつ病によく見られる症状の項目が列挙されていますので、簡単・シンプル、手軽に自己チェックできるところが、人気となっています。